心療内科・精神科

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

ただのトラウマだと思っていませんか?

 PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、暴力被害や犯罪被害、火事、事故、自然災害(震災など)に直面したのち、時間がたってからもその経験に対して強い恐怖を感じる病気です。突然怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状が続きます。もちろん、とてもつらい体験をすると誰しも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが、それが何カ月も続くときはPTSDの可能性があります。ストレスとなる出来事を経験してから数週間、ときには何年もたってから症状が出ることもあります。
 PTSDの特徴は、普段はその出来事を忘れていても、突然その出来事を鮮明に思い出してしまうことがあったり、その出来事がまだ繰り返されているかのよう感じてしまい、恐怖心でいっぱいになる、いつも神経が張りつめていて、不安と緊張が無くならなかったり、眠れなくなり、その出来事に関する悪夢を繰り返しみてしまいます。また、頭痛、過呼吸、動悸などの身体の症状もみられます。
 このように、個人の力ではどうにもならないような圧倒されるほどの衝撃的な出来事を経験した場合、それが大きな心の傷(トラウマ)となり、その後様々な精神的、身体的問題を残すことがあるのです。

【 症状 】
 PTSDの症状は、1ヶ月以上続くのが特徴です。こうした症状は、多くは恐ろしい体験をしてから半年以内に現れます。まれに、数年経過してから症状が出ることもあります。具体的な症状は、以下のとおりです。

1.追体験(フラッシュバック)
トラウマの原因となった恐ろしい体験が、ある日突然思い出され、そのときに感じた身体的苦痛や感情を思い出してしまうといった症状です。また、その出来事が繰り返し夢に出てくることがあります(悪夢)。この恐怖体験のフラッシュバックによって、動悸がする、呼吸が困難になる、吐き気がする、体が強張る、冷や汗をかくなどの身体症状が出ることがあります。

2.回避および麻痺
トラウマとなった出来事を思い出す状況を避けようとすることです。恐ろしい体験を思い出すような思考、感情、会話、状況や人物を、意識的あるいは無意識的に避けるようになります。そのため、生活をする上での行動が制限され、日常生活に大きな支障が出ることも少なくありません。また興味や関心が乏しくなり、周囲との疎隔感や孤立感を感じ、自然な感情が麻痺したように感じられます。

3.過覚醒
過覚醒とは、睡眠障害、いらいら感,集中困難,過剰な警戒心、ちょっとした物音などの刺激にもひどくビクッとするような過敏反応です。

4. その他の症状
PTSDは、その他にも筋肉痛、下痢、不整脈、頭痛、パニックや恐怖心、抑うつ気分、過剰な飲酒、薬物の使用など、様々な症状を引き起こすことがあります。

【 治療 】
 PTSDの治療で一番重要なことは、安全、安心、安眠の確保をし、リラックスできる環境を整えたたうえで時間をかけて自然回復を促すことです。当クリニックにおいては、ほかの精神障害と同じく、薬物療法と心理療法を併用してPTSDの治療を行います。PTSDに対しては、抗うつ薬の一種であるSSRIが有効であることがわかっており、わが国でも保険適応がありますので、これを軸として薬物療法を行います。
また、薬物療法以外の治療を希望はトラウマに特化したカウンセリングを心理士が提供することも可能です。ご希望の方はまず主治医にご相談ください。

心療内科・精神科

  1. うつ病

    うつ病

    うつ病の方の97%は、2つの質問のうち、どちらか一方があてはまるとの研究報告があります。    その質問とは…

  2. 躁うつ病(双極性感情障害)

    躁うつ病(双極性感情障害)

    うつ病だと思いながらも、極端に調子がよくなって活発になる時がある方は、躁うつ病かもしれません。

  3. 統合失調症

    統合失調症

    常に誰かに見られている気がする… 誰かにいつも悪口を言われている気がする… そう感じたことはありませんか?

  4. 睡眠障害(不眠症)

    睡眠障害(不眠症)

    「最近よく眠れない」「寝てるのにスッキリしない」と感じていても、自分の睡眠状態がわからない方はよくいらっしゃいます。代表的な不眠の症状にどういうものがあるのかを知り早期発見を。

  5. 認知症

    認知症

    物事を記憶する、考える、判断するなどの脳の認知機能が低下し、日常生活に支障をきたしてしまうことを指します。

  6. パニック障害(不安障害)

    パニック障害(不安障害)

    その不安や恐怖は、「考えすぎ」や「心配性」など気持ちのもち方や性格の問題ではないかもしれません。

  7. 自閉スペクトラム症(ASD)

    自閉スペクトラム症(ASD)

    「臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心・やり方・ペースの維持を最優先させたいという本能的志向が強いこと」を特徴とする発達障害の一種です。

  8. 注意欠如多動症

    注意欠如多動症

    集中できない、忘れ物が多い、ケアレスミスが多い、我慢できない、周りに落ち着きがないと言われる…そんなお悩みありませんか?

  9. 社交不安障害(SAD)

    社交不安障害(SAD)

    “ 緊張 ”と聞くと誰にでもありうる事ですが、毎回強い不安、動悸、下痢、発汗、時にパニック発作といった不安症状が起こります。

  10. 身体表現性障害

    身体表現性障害

    身体の検査結果は異状がないのにも関わらず、身体の病気と思われるほどの症状があらわれ症状に伴う苦痛、不安によって、生活に支障が生じます。

  11. 心身症

    心身症

    身体疾患の治療は身体の治療だけで大丈夫でない場合があります。心身症は様々な疾患の発症・進行・回復・再発に関係しています。

  12. 摂食障害(中枢性摂食異常症)

    摂食障害(中枢性摂食異常症)

    「やせたい」という強い思いがあったりと、本人はなかなか治療したがりません。しかし、低栄養から様々な体の不調につながり、死に至ることもあり拒食・過食とも治療が重要です。

  13. 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

    心的外傷後ストレス障害(PTSD)

    トラウマだからPTSDじゃないかもしれない…そう思っていませんか?PTSDでなくても今つらい思いをしているのなら一人で我慢せずご相談を。

  14. 性同一性障害(性別違和感)

    性同一性障害(性別違和感)

    性の違和感を感じていませんか?身体の性と心の性との不一致により困惑や苦痛を感じます。

  15. パーソナリティ障害

    パーソナリティ障害

    パーソナリティ(人格)の極端な偏りがあり、それにより自己または周囲が苦しんだり迷惑を被ったりします。

  16. 不登校

    不登校

    不登校における原因の半数はメンタルヘルスの問題(文化省調査)とされており、いじめが原因でない場合もあります。

  17. 適応障害

    適応障害

    強いストレスが持続してかかった際に心身のバランスが崩れて気分が落ち込み、不安の症状が強く生きるのが辛くなり日常生活に支障が出てしまいます。

  18. 気分変調性障害

    気分変調性障害

    ここ最近毎日気分が落ち込んだり、ネガディブになったりしていませんか?気付くことが治療の第一歩です。

  19. 強迫性障害

    強迫性障害

    「しないではいられない」「考えずにいらない」そう頭によぎって自分では不可避となります。

  20. 月経前症候群(PMS)月経前気分障害(PMDD)

    月経前症候群(PMS)月経前気分障害(PMDD)

    生理前は誰だって辛い…そう思って我慢していませんか?症状の重さは人それぞれです。

PAGE TOP